home
new products
my account
shopping cart
印紙税を用意する    
checkout
 
     
     
 
    主に税金に関する事案を担当している専門家といえば、税理士が挙げられます。一般の人々は、税金の概要については把握していても、細かい手続きや税金関連の法律のことは知らないものです。個人であれば、確定申告などで必要になった場合にだけ、税理士に相談して問題を解決すればよいのですが、法人・事業主として営業活動を行っている場合は、日常的に税金関連の相談をする必要が出てきます。個々の案件ごとに依頼するだけでなく、日頃から気軽に相談することができる方法があります。それは、税理士と顧問契約を締結する方法です。顧問になってもらって、さまざまなトラブル・相談事を解決していくのです。名古屋でも、多くの事務所が顧問契約に対応しています。顧問契約を締結する場合は、顧問料をはじめとした具体的な内容を決めて、顧問契約書を交わすことになります。顧問契約書に記載された内容に従って、税務相談などを進めていきます。顧問契約書というのは、無料で受け付けてもらえる相談の内容、案件ごとに費用の支払いが発生するものなど、さまざまなことが決められている重要な書類です。税理士とのやり取りをスムーズに進めるために、顧問契約書の内容を理解する必要があります。

青色申告 / 依頼を出したいなら
   
         
 
 
 
   
 
   
 
 
 
 
     
      enter
 
 
 
 
 
 

 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Copyright